Jim Dunlop (ジム・ダンロップ) DBN45105 のレビュー

  • 2016.08.23 Tuesday
  • 10:40

                   

JUGEMテーマ:楽器

 

お名前(ニックネーム可): B-string店長

 

ベース歴: 23年

 

使用ベース: Fender Jazz Bass

 

主に演奏されているジャンル: ロック、ブルース、ファンク

 

使用ベース弦: Jim Dunlop (ジム・ダンロップ) DBN45105

 

弦を使用しての感想:

 

Jim Dunlop (ジム・ダンロップ)は、主にピックやギターストラップなどアクセサリー類やエフェクター(MXRなど)の販売でよく知られているブランドですが、弦製造にも力を入れて来ています。
主にベース弦はロック系志向で、ロバート・トゥルジロなどロック系アーティストのシグネイチャー・ベース弦を製造したりもしています。
最近では以前DRからシグネイチャー弦を出していたマーカス・ミラーと契約し、新たにシグネイチャー弦を発表したりと意欲的な動きもあります。

 

このベース弦はその Jim Dunlop (ジム・ダンロップ)のスタンダードなニッケル弦です。
テンションはやや強めで、手触りは滑るわけでもなく手によくなじむ感じです。

 

全体的な音質はやや硬めのはっきりとしたサウンドです。
強い個性は特にはなく、低音から高音までバランスの良いタイトなサウンドで扱いやすいベース弦ではないでしょうか。
コストパフォーマンスが良いのも嬉しいですね。
特にロック系など硬めのサウンドを求めているベーシストの方におすすめのベース弦です。


Jim Dunlop (ジム・ダンロップ)のおもとめはコチラ

この記事のトラックバックURL
トラックバック

カレンダー

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

ストアサイト

ブランド別

アーカイブ

リンク

サイト内検索

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM