Alleva-Coppolo (アレバ・コッポロ) NRW-45105 のレビュー

  • 2015.01.07 Wednesday
  • 21:30
                   Alleva-Coppolo (アレバ・コッポロ) NRW-45105

お名前:でれのすけ・でれたろう さん

ベース歴:実質7〜8年(ギター歴は20年)

使用ベース:サイボーグと化したフェルナンデスRJB-380

ジャンル:70's ロック全般 ソウル系

使用ベース弦: Alleva-Coppolo (アレバ・コッポロ) NRW-45105

弦を使用しての感想:

初めて聞いた名前でしたが、良い弦でした。

まず見た目は、濃い目のグリーンの飾り糸がきれいでカッコイイです。
自分は飾り糸なしが好きなんですが、これは良かったです。

弦に光沢がある感じですが、見た目のツヤから想像されるほど滑ることはなく、ちょうど良いです。

45〜105のゲージとしては、「ちょっと細い?」見た目に感じました。

テンションは、個人的には固くもなく柔らかくもなく、ちょうど良かったです。
店長さんは少し固めとおっしゃっていますが、多分、自分がもともと固めが好みなのはあるかも知れません。


音は中域に特徴があります。

ハイファイかローファイかと言われればローファイなビンテージサウンド、枯れた音寄りです。

ボトムをどっしり支えるような図太い音では決してないですが、表現が難しいのですが、「ポコン」「ブリン」と抜けてくる感じで、リチャードココやトマスティックほどスモーキーでもなく、SITほどタイトでもないです。

ゲイン高めの音作りでも、潰れず薄くならず、ブリンと抜けてきます。

全体的にバランスがよいですが、特に1・2弦のレスポンスは良いです。

かといって低域が薄いわけでもなく、4弦にはちゃんと「ゴン」としているのも聴こえ、とても不思議です。

粗くなく、暴れることもなく、右手の強弱のニュアンスを上手にキャッチしてくれますので、バンドアンサンブルの中での上げ下げは手元だけで充分コントロールできます。
手元のボリュームを下げて弾いても、前述の通り抜けてくれるので、こもりにくいです。

右手は間違いなく指弾きのほうが断然合うと思います。
ピック弾きは、多分旨みが出ないのではないでしょうか。

ビンテージサウンドが好みの方、ジャズベース、プレシジョンベースユーザーの方は、ぜひ一度使ってみられると良いと思います。
面白いですよ。


Alleva-Coppolo (アレバ・コッポロ) のおもとめはコチラ

カレンダー

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

ストアサイト

ブランド別

アーカイブ

リンク

サイト内検索

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM