Alleva-Coppolo (アレバ・コッポロ) NRW-45105 のレビュー

  • 2014.12.16 Tuesday
  • 11:11
                   Alleva-Coppolo (アレバ・コッポロ) NRW-45105

お名前(ニックネーム可): B-string 店長

ベース歴: 22年

使用ベース: Fender Jazz Bass(20年使用)

主に演奏されているジャンル: ロック、ブルース、ファンク

使用ベース弦: Alleva-Coppolo (アレバ・コッポロ) NRW-45105

弦を使用しての感想:

Alleva-Coppolo(アレバ・コッポロ)は、圧倒的な素材へのこだわりとその材の活かし方を熟知した匠、Jimmy Coppolo氏のブランドです。
その妥協を許さないこだわりのため製造数は多くなく認知度はあまり高くありませんが、その匠の生み出した楽器はプロミュージシャンからもとても高い評価を得ています。

このベース弦はそのAlleva-Coppoloが製造したレギュラーサイズ、ニッケル弦です。
テンションはやや強めで、手触りは滑らかで弾きやすいです。

弾いた感じでは、全体的なバランスがとてもよく取れたビンテージサウンドという感じです。
しっかりとした低音、少し粗さのある中高音という感じで、使うに連れ枯れた音になっていきそうです。

単に粗いわけではなくしっかり整ったサウンドが扱いやすく、クオリティの高さを実感できます。
また、強めのテンションがしっかりとしたピッチ感も生み出しています。
特にビンテージサウンドを求められるベーシストの方におすすめしたいベース弦です。


Alleva-Coppolo (アレバ・コッポロ)のおもとめはコチラ

カレンダー

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

ストアサイト

ブランド別

アーカイブ

リンク

サイト内検索

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM