Thomastik(トマスティック) IN344 のレビュー

  • 2014.07.09 Wednesday
  • 13:10
                   Thomastik-Infeld IN344

お名前:でれのすけ・でれたろう さん

ベース歴:実質7年(ギター歴は19年)

使用ベース:友人のフェンダージャズベース

ジャンル:70's ロック全般 ソウル系

使用ベース弦:Thomastik(トマスティック) IN344

友人のフェンダージャズベースに張ってあるものを、借りて弾かせてもらった感想です。

大きく括って語るならば、とても古臭く枯れたニュアンスのする弦です。

テンションの強さはさほど強くなく、ワウンドのざらつきはそこそこあります。

他弦と比較するならば、4弦の押し出しの感じは、ダダリオに似ていますが、ボリューム・ゲインを上げめ、ピッキングニュアンスを強めで上げると、ダダリオよりドライブする感じで埋もれずしっかり前にブンと出て来ます。

ちょっとゲロンとした感じが、プレベを弾いているような感覚もありました。
特に手元のボリュームを絞って使うと、今回の私の場合はですが、そのニュアンスが出ました。

中高域の抜けは良く、リチャードココの古臭いアナログ感は残しつつも、リチャードココのプリッとした要素を、DRのザラッとしたを混ぜて中和させたような感じです。

フォデラのようなクリーンな音では決してなく、どちらかと言えばダーティ寄りに思いますが、かといってジャンルをハッキリ選ぶような感じでもなく、弾き方、セッティング次第で、ニュートラルな弦と言えるのではないでしょうか。

トーンを絞ればジャズっぽい演奏にも対応できると思います。

色んな弦を弾き比べて来ましたが、それなりに評価の高いベース弦は、それぞれ個性があるなぁと、目からウロコが落ちるようです。

Thomastik(トマスティック)弦のおもとめはコチラ

Thomastik(トマスティック) IN344 のレビュー

  • 2014.05.31 Saturday
  • 13:03
                   Thomastik-Infeld IN344

お名前(ニックネーム可): B-string 店長

ベース歴: 22年

使用ベース: Fender Jazz Bass'62(20年使用)

主に演奏されているジャンル: ロック、ブルース、ファンク

使用ベース弦: Thomastik(トマスティック) IN344

弦を使用しての感想:

このベース弦は、知る人ぞ知るオーストリアの老舗弦メーカー、Thomastik-Infeld(トマスティック・インフェルト)のラウンドワウンド・ベース弦です。
主にはジャズやクラシックで演奏されるコントラバスやバイオリンなどの弦で知られています。

テンションは弱めです。
Superalloyと名される合金ですが、手触りはニッケル弦に近く弦の柔らかさを感じます。

張りたて時からギラつきはなく、全体的に暖かみのある優しいサウンドです。
低音域よりも中高音域がよく出ています。
スラップ時は低音よりも高音がよく出るので、どちらかと言えば指弾きによく合うサウンドかと思います。

ハイクオリティ弦のようなレスポンスの速さは感じられないですが、その暖かく優しいビンテージサウンドはとても心地よいです。
この弦でしかえられないアナログ的な味わいを感じられると思います。
アンサンブルでも中高音域があまり周りに埋もれずに届いてきました。

70'sロックのようなジャンルをプレイされるベーシストには、是非一度使ってみていただきたいベース弦です!

●ベース弦の音質解析はこちら

Thomastik(トマスティック)弦のおもとめはコチラ

カレンダー

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

ストアサイト

ブランド別

アーカイブ

リンク

サイト内検索

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM